注目キーワード

自分の顔タイプを再チェックしてみたところ衝撃の事実発覚!

こんにちは。

顔タイプ診断を始めてしばらく経ちますが、今日は自分の顔タイプについて衝撃の事実が発覚いたしました!!

こんなこと書いていいのかわからないですが笑

これも勉強だと思って、記しておきたいと思います。

顔タイプ診断を再度してみたところ・・・

顔タイプ診断1級を取得してからしばらく経ちましたが、定期的に行われる勉強会にも参加してまいりましたし、その後も独自に診断を重ねて150名以上の診断を行ってきました。

協会側とのやり取りも続いており、今日は自分の顔タイプについて再度確認する機会があったので

ふと、もう一度数値をきちんと測ってみようかと思い付いたところ・・・

 

大人と子供の世代間が同じという結果に!

なんという事でしょう!

わずか1ポイント差ですが、大人と子供同点でした。

そもそも、自分の顔タイプを計測するのはまだまだ未熟な初めての計測日。

他の分析ポイントは合っているものの肝心の世代間の違いはキュートタイプで何着よう?という疑問につながるわけですね。

 

世代間が同じ場合の対処方法

という訳で、私は子どもタイプの要素も大人タイプの要素も持っているタイプでして

だからキュートに寄り過ぎると違和感が出てしまいシンプルキュート、そしてちょっとだけスタイリッシュにしたいという結論になり、自分で子どもタイプに寄り過ぎないよう大人に寄せていたようです。

そして、同点の場合で私のようなタイプが自分のお客様だった場合

今だったら「フェミニン」をお勧めしますね。

顔タイプだけでなく、身長や声の感じ(お会いした方はわかりますが声は低めのタイプで落ち着いている印象を受ける方が多いと思います)と仕事内容から大人タイプを選択いたします。

ただ、今は仕事もお休み中でカジュアルな服装も多いためキュートタイプで子どもっぽくまとめる方が生活スタイルには合っています。

スニーカーにレギンススタイルも違和感はないので、これは子どもタイプも同時に持っている特典ですね。

こんな感じで、同点の場合はどちらにも転べるところを活かして両方のファッションを楽しんでしまいましょう!

アドバイザーの選び方

今回の件で、ちょっとアドバイザーの選び方にも注意が必要だなあと感じました。(自分をさておき)

やはり経験不足というのはそれだけブレも出てしまいそうです。

診断実績は少なくとも30人超えは必要でしょう。そして、全タイプの診断が終わっていることも絶対条件ですね!

今は診断数と勉強数によりぶれる事も迷う事もなくなりましたので間違える事は無いですが初期の頃はよく認定講師の先生に相談をさせていただいていました。

自分自身もびっくりの結果でしたが、世代間が同じ場合の寄せ方もわかりましたのでこれを同じようなお客様にお伝えしていけるきっかけとしていきたいと思います。

2つのタイプがわかるアドバイザーという強みが急に分かった本日、今後はもっとフェミニンタイプの事も取り上げつつ、寄せ方なども研究していきますね。

では、また☆