注目キーワード

オシャレの終着点。自分に似合うものにたどり着く5つのポイント

自分に似合うものにたどり着く方法。

着るたびに自分らしく元気になる服を集めていきたいですよね。

集める、というよりは迷わせる余計なものを排除して本当に必要なものだけを残していく作業かもしれません。

 

なんだか今着ている服が似合わない。

自分は好きなのに着てみると違和感を感じてしまう。

 

という方、いくつかのポイントをチェックして洋服に向き合ってみてください。

きっと今必要なものだけが残るはずです。

 

流行も好みも変わる中で残していく服とは?

今年の春夏はリネンが流行ですが、おそらく来年はまた違うものが流行るはず。アパレル会社がビジネスをうまく回していくためにはマイナーチェンジしながらも新鮮さをお客様に提供しなくてはならないので今大量に出ている服がずっと続くという事は無いです。

そして、好みも変わっていきますね。その時の仕事や、彼や旦那さん、趣味や行く場所、結婚したり子どもができたりと環境が変われば好みが変わります。

 

それに、一人の女性が家では母の役割・会社では上司の役割・友達との間では盛り上げ上手の役割など場所によって役割が違います。

 

それだけ女性のファッションは多様性を持っていて、たくさんあり過ぎて選べない、似合うものがわからない。というジレンマに陥る事も。

これからご紹介する5つのポイントで似合うものを見極めていきましょう。

色が合っている

当然ながらパーソナルカラーに似合っているものは似合っていないお洋服とくらべると格段に差が出てしまうものです。

似合わない色を着ていると、それだけで違和感につながるのでここは大切にしたいところ。

お洋服だけでなく、メイク・髪形・アクセサリーも含まれます。洋服は合っているのに大事な髪形やメイクの色合いが違う!なんてもったいない。

自分の魅力を引き出すにはまず色が合っているものを絞り込みましょう。

 

骨格に合っている

こちらはスタイルアップにつながるので、骨格診断の結果はスタイリングに活かしていきましょう。

太って見える、自分の嫌なところが強調されて見えるなどの場合、柄が気に入っている服でも何となく気分が下がりますよね。

その場合は骨格診断に合った着こなしができていない証拠。

特にお悩みの相談を受けるのが、ストレートタイプと診断を受けた方で顔タイプ診断が曲線タイプの方。

こういった方は顔タイプにテイストを合わせて骨格診断結果を部分的に使っていきましょう。

 

顔タイプに合っている

大切なのは、顔に合っているか?合っていないか。

好きなものと顔が合っていない方はなるべく好きなものに合わせてすべてを変える事。

違和感が少なくなり、以前よりも似合わないと思う事がなくなるはずです。

曲線の方は曲線が含まれるものが似合いますが、もしも直線的なものが着たい場合はメイクも髪形も直線的に仕上げる事です。

自分がこの服好き!という感覚も大切。

顔タイプ診断は顔のテイストに服を合わせていきますが、その逆もでき客観的に自分を見つめなおすことができる診断です。

 

環境に合っている

これは今の自分の環境に合っているかどうか。

子育て中のママとキャリアウーマン、同じ顔タイプでも着るものは違うはず。

それに、毎日の事なので自分が動きやすいかどうかも大切です。

着心地が良い服は登場回数も多いはず。それはストレッチがきく素材だから動きやすいのかもしれませんし汗を吸い取りやすいからいつもさらっと着る事ができる着やすさかもしれません。

今の自分の環境に合っている服を残していきましょう。

 

気分に合っている

彼とデートの時には女性らしい気分になれる服を選びたい。

友達と遊ぶ時にはカッコいいイメージの自分でありたい。

顔タイプはひとつでも、人はその時の気分によって着たい服も変わるはずです。

今の気分を大切に服選びをしてみましょう。

 

以上が自分に似合うものにたどり着く5つのポイントです。

着た服で気分が上がる

写真に写っている自分を見て、いいなと思える

そんな風に見えるものを残していってくださいね。

 

では、また☆