注目キーワード

老けて見える2つの原因!顔タイプとパーソナルカラー診断で即解決!

昔は似合っていたのに、なんだか今着るとちぐはぐ・・・

それに、このテイストが好きだったのに30過ぎてから似合わなくなった気がする・・・

30代過ぎて洋服に関するお悩みは「なんとなく似合わなくなった」「何を着たらいいかわからなくなった」という方が多数!

なんとなく合わない=老けて見えるのですよね。

 

それは、20代の頃はお肌のくすみもなくパーソナルカラーに合わなくても顔タイプに合わなくてもなんとなく若さで着こなせたから。

 

30代過ぎたら差は開く一方です!!

少々お金がかかっても、早く自分のタイプを知るのが近道です。

自分の財産になるので後々お得ですよ!

 

今日はなんだか老けて見える・・・とお悩みのあなたに、何が合わないと老けて見えるのかをお伝えしますね。

 

原因1 パーソナルカラーが合っていない

パーソナルカラーが真逆のものを着ていると、老けて見えます。

この写真の女性も、イエローベースの中でも難しい色合いを着ていますが本当は紺のジャケットに変更するともっと若々しく見えるはず!

色選び一つで印象が変わります。

似合わない色の影響例はどのようなものでしょうか?

似合わない色の影響例

  • 顔色が悪く見える
  • くすんで見える
  • 輪郭が膨張して見える
  • シミが濃く見える
  • クマがあるように見える
  • 服の色だけ浮いて見える
  • 表情が寂しい感じがする
  • あか抜けない

色選び一つだけで、こんなにマイナスポイントが・・・・!!

怖いですね!!これでは老けて見えて当然です!!

 

さあ、では似合う色の効果はどうでしょう??

似合う色の影響例

  • 肌の透明感が増して見える
  • 血色がよく見える
  • 若々しく肌にハリがあるように見える
  • しみやくすみが目立たなく見える
  • 髪がつやつやに見える
  • 目が輝いて見える
  • 垢ぬける

わあ!こんな変化だったら若々しく見えて当然!

色は特にお洋服だけでなく、髪やメイクの色など広範囲に影響します。

まだパーソナルカラーを受けていない方は早く診断を!!

 

続いては、色以外に合っていないと老けて見える例を挙げますよ!

原因2 顔タイプが合っていない

大人タイプの女性が子どもタイプのひらひらしたものを着ると、急に無理している感が出てしまいます。

たぶん、20代なら若さもあって着こなせたはずですが30過ぎだと厳しいかも。

ちょっとフリルを抑えるだけで年相応に見えるのですが、顔タイプを知らないとこういう事になりますよね。

うーん、これも髪形と服装が少女ですが、顔タイプが大人。

どうしても大人タイプが子どもタイプに寄せると違和感が出てしまいますね。

子供タイプが背伸びする分にはまだいいのですが、子供タイプも顔タイプに合っていないと違和感な例があるのでそちらも見てみましょう。

ちょっと色も重いですが、ジャケットが直線過ぎますね。

クールタイプの女性だったらかっこよく着こなせそうですが、子供タイプだともう少し可愛らしいスーツの方が似合います。

ノーカラータイプや、ブラウスに曲線を含んだものの方がお似合いです。

 

こちらはパーソナルカラーも洋服の形も似合っていない例。

寂しく見えてしまいますが・・・

パーソナルカラーと顔タイプに合った服だとこんなに違います!

とってもキュートで可愛らしい印象、魅力が輝いています。

 

なんとなく老けて見える?と不安になってしまっているあなた!

なるべく早くパーソナルカラー診断と顔タイプ診断を受けてみてくださいね。

では、また☆